■最近のハノイは美術館や博物館が充実している

‐昔のハノイはつまらなかった
自分が初めて行ったひと昔前のハノイは首都の割には田舎で特に見るものもありませんでした。昔はコンビニはないわ,店は早く閉まるわ,単なる暑くて田舎の街という記憶があります。

‐美術館や博物館が充実してきているハノイ
最近のハノイは美術館や博物館が充実してきています。お勧めベスト4はベトナム民族学博物館女性博物館ベトナム国立歴史博物館ハノイ美術博物館です。

■Grabタクシーは便利

‐少し前まではタクシートラブルで有名
Grabアプリが普及するまではシクロと並んでベトナムのタクシーはぼったくりとトラブルで有名でした。現在はベトナムでGrabアプリが普及したおかげで日本より便利です。料金も明確で,行先を間違えて問題になるという事もほとんどありません。
ベトナムではSIMを買った方がかなり安く付きます。SIMを買ってGrabタクシーのアプリをインストールすれば,Grabで簡単に安く移動できるようになります。近距離の都市間移動にも使えたので(例:ナムディンからニンビン),バスや列車の移動が嫌だという方にとっても便利です。

■無料ツアーガイドとは

‐地元学生のボランティア
地元の学生が将来ガイドになるための練習だったり,語学能力を磨くために活動しています。何回もガイドをして熟練の方もいれば,初めてガイドをする人などボランティアなので案内してくれる人によってレベルはマチマチです。

■無料ツアーガイドのメリット

‐表面的な情報は自分で調べて行けば充分
本当に興味があれば,その情報はインターネットでいくらでも調べる事ができます。自分が知りたいのは現在との比較だったり,今時のベトナム人の現状の生活と,自分が日本で抱いていたベトナム人イメージとの違い等を知りたいという事もあります。

‐地元の学生と知り合う事ができる。
自分は毎回ガイドを頼むとその都度そのガイドの人とフェイスブック友達になります。なかなか地元の人と知り合う機会がないなか簡単に知り合いになれるのは有益だと考えています。これがプロのガイドに頼むと毎回お金を介したやりとりになってしまい気軽な会話もなかなか難しくなってしまいます。

‐生の声を聴くことができる
他国の地元の人の生の声を聴く機会はなかなかありませんが,地元の暮らしぶりや考えを直接聞くことができます。何よりこれからの人達の考えを聞くと,なかなか興味深い話も聞けたりします。また今時の流行りを教えてくれたり,若者に人気のレストランやカフェも頼めば連れて行ってくれたりします。

■無料ツアーガイドと謳って有料なところもあるので注意が必要

‐無料なのは一部だけの詐欺もある
自分が見たことがあるサイトでは無料なのは一部だけのケースがありました。例えば紹介が無料で実質ガイドは有料にしているなど,詐欺サイトみたいのもあるので注意が必要です。自分はトリップアドバイザーの口コミを参考にして本当の無料ツアーガイドなのかどうかをが判別しました。

■自分が利用したハノイの無料ツアーガイド

HANOI FREE TOUR GUIDES
この健康マークが目印です。

日本語を学習している学生さんがメンバーに多いせいか,このツアーガイドグループで頼むと日本語の達者な学生さんがガイドしてくれる事が多いようです。日本に留学経験もある人が多く,日本人と変わらないぐらいの日本語を喋る人がガイドをしてくれました。
ホームページのBOOKING FORMから申し込んでみましたが,うまく送れなかったのでメールを送ったらすぐに返事が来ました。何回かやりとりがありますが,なるべく3週間以上前くらい前に申し込んだ方が学生さんの都合も考え,準備をしてもらう時間的余裕があった方が良いと思います。やり取りをしてこちらの希望を聞いてくるのでリクエストをすると調べてくれていたり,アレンジを考えていてくれていたりします。

HANOIKIDS
登録者が600名程で活動しているのが70名だそうです。ここはネットではかなりの高評価で外国人には有名なグループみたいです。主に英語でのツアーガイドになっているようなので英語がある程度わかる人にはお勧めです。または自分の英語力を高めたい人にも練習になるのでお勧めです。

◎ツーリストインフォ―メーションの無料ツアー
ハノイ旧市街を散歩。政府主催の無料ツアーが催行開始」という記事を見つけたの行ってみました。

こちらは英語とベトナム語でのみツアーを催行しています。「伝統工芸を生業とするエリア散策」と「寺院・歴史・文化」の2種類のツアーがあります。

ツアー時間は90分で水曜から日曜(祝日を除く)時間は9:30AM,10:15AM,2:00PM, 3:00PM, 4:00PMとなっていますが,自分は火曜日の2:00PMに行ってみたところ開催されていました。実際にインフォ―メーションセンターに行って事前にいつ催行されているか確認する事をお勧めします。基本は別に予約など必要なくインフォーメーションセンターに直接その開催時間に行けばよいだけです。
どうも周知が実際にはそんなに行き渡っておらず,あまり知っている人がいない模様です。自分が行った「寺院・歴史・文化」ツアーでは,参加したのは自分1人だけでした。そのツアーでは仏教に詳しい学生がいろいろ紹介してくれたのでホエンキム湖で知らない多くの事を知る事ができました。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 

 

Share