2019年1月14-20日(タイの乾期に訪問時の感想)

■過去に比べるとバンコクは住みにくくなっている印象

‐地下鉄やBTSが延伸しているが余計に混雑
地下鉄が延長され新しい駅が開通しています。BTSも新しい駅が開通しています。延長線上には多くのコンドミニアムが建設され,沿線上に人口が増加しています。そのため地下鉄もBTSもほぼ満席状態です。その上車の渋滞もひどくなっています。

‐いたるところで渋滞が増えたバンコク
渋滞が増えた原因はいろいろ考えられますが,まずはバンコク市内は昔から運河を埋めた上に道路を作ったので行き止まりや,一方通行の細い道が多くあり元々渋滞の発生しやすい作りになっています。
最近ではBTSや地下鉄のおかげで渋滞が緩和されるかと思われましたが,それ以上にコンドミニアムの建設が急増し通勤がふえたことも関係している可能性があります。
更に電線の地中化やコンドミニアムやホテルオフィスの建設によって道路の閉鎖も多く渋滞を悪化させているということもあります。
また大気汚染によって外を歩くよりは近い距離でも車で移動するという人も増えていると思われます。

‐フードコートに人が増えた
タイのモールやショッピングセンターにはタイのいろいろな料理屋を集めたフードコートがあります。便利で清潔で昔からよく利用していたのですが,久しぶりに訪れてみたらどこも激混みしていました。
最近は屋台の規制が激しく,安く屋外で提供するタイの風情のひとつである屋台が少なくなってきています。また,外の屋台で食事をするのには大気汚染がひどいせいか,一般のタイ人と観光客などでどこのフードコートも激混みになっています。値段も安く抑えるようにというお達しがあるせいか,値段は安いままですが,おかずの量は減っています。

‐バンコクの大気汚染が酷くなった
自分がバンコクに住んでいた頃(2000年頃)も空気は悪かったのですが更に相当悪化しています。自分で今回K-Villageまで用事があって出かけたときに交通渋滞だったので歩いて行ったら後に体調を崩し鼻水と涙と咳がひどくなり,バンコク在住が長かった自分でも経験がないような症状に襲われました。大気汚染がひどいのでバンコクの学校が休校になったというニュースも流れていました。一時的かもしれませんが,ここまで大気汚染が深刻になったのは初めて見ました。

‐軍事政権になってからは中国寄り
中国のお金の力が米中貿易戦争の影響と中国景気減速で,影響力が落ちてきたので欧米諸国の反発を招かないように表面上の民主選挙を実施します。
ただでさえ有利な軍事政権選挙にもかかわらず,民主化勢力を議会に入れるのは相当嫌っているようです。選挙前に戦車などの武器を購入しているのも,うるさくチェックされる前にいろいろとやりたいようです。不穏な空気も流れています。(2019年1月)

■東南アジアに増えている中国人

‐バンコクに中国人が増えている印象
地理的にも近いせいか中国人観光客が多く常に中国語が聞こえてきます。また中国人は常に大声で話す癖がついているせいか,モールに行っても通りを歩いていても中国語が聞こえてきます。むしろタイ語の方を聞くことが少ないほどです。
コンドミニアムの購入も中国人が主な購入層になっているようですが,夜のコンドミニアムを見て見ても灯りがともっている部屋が少ないので投資目的で居住目的ではないのでしょう。

-元を国際通貨にしたい中国
中国は東南アジア諸国に中国経済圏を作る事を構想しているようです。人民元を東南アジア諸国で使えるようにする計画があります。

‐中国の経済難民が東南アジアを目指す
中国は経済的に困窮した人を自国に留めて暴動やデモを起こすよりは海外に移住させてガス抜きをする政策を取っています。そのためタイに移住目的の中国人も多くいるようです。

‐中国の犯罪者が東南アジアを目指す
中国国内は監視カメラとAI,アリババやテンセントの金融履歴,中国製携帯による個人監視により国民に等級をつけて監視社会を強めています。犯罪者は中国国内にいてもいろいろな制限がかかるので中国国外に脱出して一旗揚げようという人は増えていくでしょう。特にカンボジアに移住する犯罪中国人が多いらしく,カンボジアでいろいろ事件を起こしているようです。

‐中国人人口が増えると国家動員法で中国になる可能性
中国には国家動員法があります。国家の非常事態には中国人民の資産を国家が接収することができる法律があります。またその時中国人民は中国のために武装蜂起しなければなりません。中国人民が外国に移住するとその分中国リスクが増大することにもなります。アメリカが警戒するわけです。

‐タイの大学で中国人留学生が急増中
アメリカや西洋諸国で中国に対するビザが厳しくなっているせいもあり,更に東南アジアの発展を見越して,また授業料も他の先進諸国よりは安いおかげで中国人留学生がタイの大学で増加しているようです。

■バンコクは住みにくくなっている。

タイでの物価の上昇,交通渋滞,大気汚染,中国人の増加によりバンコクの居心地は一昔前に比べるとあまりよくありません。しかし,交通の利便性や食生活の充実度,住居環境を見ると住みやすさでは未だに他の東南アジア諸国を圧倒しています。


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村