🔲パッポン

-パッポンとは

パッポンとは言わずと知れたゴーゴーバーで有名な歓楽街です。ルンビニ公園の近くにあります。しかしながら、パッポンはビジネス街としての側面もあります。BTSやMRTなどの交通網が発達して,オフィスビルがバンコク各地にできる以前はバンコクのビジネス中心地でもありました。

以前からなぜパッポンの地にビジネスオフィスと歓楽街が同時に存在していたのか不思議だったのですが,パッポン博物館を訪れてガイドの詳しい解説を聞いた後でかなり納得しました。

◼️パッポン博物館

-2019年11月にオープンしたパッポン博物館


パッポンに博物館がオープンしたという情報がツィッターに上がっていたので,面白そうなので行ってみました。

入場料は350バーツで正直高いと思いましたが,ワンドリンクが博物館内の途中のバーで付いているということと,ガイドの人が詳しく説明してくれる(英語)というのでロッカーに荷物を預けて入場してみました。

-パッポンの名前は中国人オーナーから

海南島から蒋介石が台湾に逃れた時代に,タイに移民してきた中国人パッポン氏がタイ人と結婚して現在のパッポン周辺エリアを買い取ったのがパッポンの地名の由来です。

-パッポン一族は経済の中心だった

パッポン一族はインフラ整備,道路やビル建築などセメント需要が急増した時期に王族と共にサイアムセメントを創業し,莫大な財を築いて,様々なビジネスに乗り出しました。そのためにパッポン地区にビジネスオフィスが数多く作られました。

-日本との関わりも深い

パッポン地域は第二次対戦中に日本軍がタイに駐屯していた時に司令部が置かれていました。

-対共産党の拠点としてのパッポン

パッポンではアメリカFBIの活動の拠点が置かれていました。パッポン地区はかなりアメリカとの関係が深い場所だったと思われます。

-電話交換のオフィスが置かれやIBMのオフィスがあったパッポン


パッポン地区には昔の電話交換機所も設置されていました。またIBMもオフィスを構えていた事からタイ国内の最先端の地だったことが窺えます。

-ベトナム戦争が現在の歓楽街パッポンを作った

ベトナム戦争時タイは米軍の補給基地であり,保養所でもありました。そのためアメリカからゴーゴーバー文化やドラッグ等が持ち込まれました。

– 小さい博物館なので工夫している。

パッポン博物館は博物館として小型なのでいろいろ工夫を凝らしています。展示によってはQ Rが横に貼ってあり,Q Rコードからウェブサイトに飛んで昔の映像などを観る事ができます。

– Barから奥はマニアック展示




展示の途中に Barがあり入場時にもらったドリンク券で飲み物を一杯頼む事ができます。 Barの奥の展示は正直どぎつい展示になっていたので,もしかしたら客層によって奥に通すかどうか判断しているのかもしれません。

-個人的には楽しめた展示内容

個人的にはかなり楽しめた内容の展示でした。特にパッポンの歓楽街とビジネス街が同時に同じ地区に存在していた理由がわかり,面白かったたです。

バンコクは歓楽街として有名な街でした。近年交通網の発達とコンドミニアム,ショッピングモールの乱立によりひと昔前のバンコクとは違う街になってきているのを感じます。便利になり近代化すれば昔の風情や産業がなくなるのは世の常です。

このような性風俗の博物館ができる事自体,もしかしたら,ゴーゴーバーなどの風俗産業がなくなる前ぶれかもしれません。

パッポン博物館

場所: 5, 2 Thanon Patpong 1, Suriya Wong, Bang Rak, Bangkok 10500 タイ

営業時間:

土曜日 10時00分~23時00分
日曜日 10時00分~23時00分
月曜日 10時00分~23時00分
火曜日 10時00分~23時00分
水曜日 10時00分~23時00分
木曜日 10時00分~23時00分
金曜日 10時00分~23時00分

 


◼️性博物館

-真面目な博物館
パッポンとは全然関係はないのですが,BTSトンロー駅のすぐそばに性博物館があります。オーナーの趣味で集めた収集品が展示してあります。1階奥から2階,3階に展示されています。1階は普通の喫茶店になっているので店員に展示物を見たい旨を伝えると案内してくれます。

タイの昔ながらの精霊・リンガム信仰から,タイの性的な世俗的な性生活,世界の歴史的観点から世界の性生活の捉え方などかなり広い範囲をカバーしています。


入場料は無料ですが,カバー範囲が広く展示が少ないせいか,あまり深く印象に残らないのが残念なところです。オーナーの趣味・趣向が反映された展示となっています。

 

-場所が行きやすい

BTSトンロー駅のすぐそばにあるので,軽く立ち寄るのに良いところです。

性博物館

場所:1045 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ

営業時間:

土曜日 13時00分~22時00分
日曜日 13時00分~22時00分
月曜日 13時00分~22時00分
火曜日 13時00分~22時00分
水曜日 13時00分~22時00分
木曜日 13時00分~22時00分
金曜日 13時00分~22時00分