■タイの刺青と日本の刺青の違い。

―日本の刺青は犯罪の刻印だった
日本の刺青は江戸時代には罪人の刻印として,犯罪を犯した人にそれとわかるように,体に彫られていました。現在ではヤクザやアウトローな人達が刺青をしているという印象が強くあります。

―タイでは力の源や護符のように使われてきた
一方タイでは,力を宿らせたり,運を味方につけるために刺青が伝統的に体に彫られてきました。お寺で念を込めて刺青をほるところもあり,お守りや護符としての性格がより強く出ています。

 

■ENGLISH VERSION

 


にほんブログ村